車売る時はディーラーへ連絡する?

車を売る時ってディーラーに連絡しないといけないの?

車を売ろうとするタイミングは、車を持っている人にはいつか必ずきます。

 

買取店に売る場合は、車を売ることをディーラーへ伝え、ついでに下取りする場合の査定額を聞いて相場のチェックもしましょう。

 

査定額を聞いてから、「1度考えてみます。」などと言ってその場では売らないようにしましょう。

 

その後買い取り店で売ることになったら一応ディーラーへ連絡を入れておきましょう。

 

知人へ譲る場合も同じです。

 

なぜかというと、買取店へ売ったり知人へ譲ってもディーラーが気づいてない場合があるので、車検の案内や連絡が自分へ回ってこないようにするためです。

 

それと下取りではなく買い取り店へ売るのが悪い気になってしまうと考える方もいますが、今では買い取り店へ売った方が高いことを知っている人が多いのでディーラーはそんなに気にしませんよ(^-^)

 

むしろ無駄に車検の連絡などをしなくて済むようになるので、ディーラーへはちゃんと伝えておいてあげましょう。

 

言われるがままの値段で売る人が多い

 

自分の車を売る時に値段がいくらになるかを知りたいと思う人は少なくありません。

 

これまで大切に乗ってきた愛車なので、相場の価格を知りたいと思うものですよね。

 

自分の車の相場を知らなければ、ディーラーに連絡して査定してもらった時の値段が、安いのか高いのかの判断ができなくなります。

 

多くの人が車を売る時に、営業マンや査定士の言われるままに値段を決めて、安い値段で車を手放しているケースも少なくありません。

 

また、車検後に車を売る方が多いのですが、損することになるので車を売るなら必ず車検前に売るようにしましょう。

 

自分の車の相場価格を知る

 

自分の愛車の相場を調べるためには、中古車ショップに並んでいる車の価格から逆算して割り出す方法があります。

 

具体的には、店頭の値段から15万円から30万円を差し引いた値段が、自分の愛車の相場価格になります。

 

しかし、これはあくまでも大まかな値段です。

 

走行距離やグレードによっても価格は変わり、ディーラーに連絡してから見立ててもらうときにも、店によって値段は異なります。

 

また、インターネットを使って自分の車の相場を知る方法もあり、メーカーや車名、年式を選択してから査定を頼むとおおよその値段を知ることができます。

 

しかし、この金額はあくまでもメーカーと車種と年式だけの相場価格なので、車に付いている傷などは査定することはできません。

 

そのため参考にすることはできますが、過度に信頼しない方がよいでしょう。

 

買い取り店で依頼すると良い

 

ディーラーに連絡してから査定してもらっても、ディーラーとしては車を販売する方法が少ないので、買い取り専門店よりも査定の金額は低くなる傾向があります。

 

ディーラーは車を仕入れてから自分の店で売りさばく以外の方法はありません。

 

しかし、買い取り専門点であれば日本全国だけではなく、海外まで販売の方法を持っているので高い値段で車を売ることができます。

 

ディーラーで下取りされる値段は、新型車が発売される時や地域によっても異なります。

 

また、走行距離やボディカラー、オプションで取り付けた装備、事故歴、車検前か後か、など愛車の状態によっても変わってきます。

 

インターネットを使って大まかな値段がわかったら、まずは近くの販売店にいって実際の査定を受ける方が良いでしょう。

 

車を売る時には相場を知ってから見積もりを取って、最も高い金額をつけてくれた業者に依頼することができますよ。

 

業者によって査定する価格がまったく異なるので、金額の差を知ると驚くこともあります。

 

インターネットの査定サイトの入力は1分もあれば終わり、それだけで愛車の価格がわかるのでまずは試してみると良いでしょう。

 

私は大手の安心して利用できるカーセンサーで申し込み、買い取ってもらいました。